耐震シェルター剛建の特長

古い住宅の地震のための耐震対策は、耐震装置を取り付けた構造への改築など、大掛かりな耐震補強工事が有効ですが、経済的な理由で大掛かりな工事は現実的ではありません。万が一自身で家屋が倒壊場合に、空間と逃げ道を確保し、命をまず守るために比較的に安価に導入できる「耐震シェルター」をおすすめします。

シングルベッド2台置いても十分な広さを確保。四方に出入口があるため、採光性も高く、倒壊時に考慮し、メインの入口はバリアフリーになっています。 面積:6.4平方メートル(外寸W2730×2330)

資材は木造軸組工法の強い組み付けと、接合部は耐震金物を使用しています。 ※下見で床補強が必要かどうか調査いたします

かさ張らず小型トラックでの運搬が可能。一定(90×90)の材木なので狭い場所からの搬入ができ、狭い場所での組方が可能。軸組は半日ほどで組立て可能、外壁を組立て完了です。 ※施工前に寸法確認、床の基礎強度の確認と詳細打ち合わせを行います。

  • ・町の大工・工務店などでも設置が可能
  • ・軸組みの分解・組み立てが自由
  • ・資材の置き場の確保が容易
  • ・分解・組み立てが自由
  • ・ダポパイプ(DP,DP-S)ほそパイプ(H-18)による軸組
  • ・接合部がすべて耐震金物である

  • ※クロス仕上げなどのオプションがある場合でも工期は2日
  • ※運搬諸経費・消費税は別途必要。オプションがある場合、工期は変わります。
     状況によっては床工事が必要になる場合もございます。
  • ※各都道府県・市町村の耐震に関する助成金を利用するとより負担軽減でご利用いただけます。
  • ※地域によっては補助の対象外になる場合もあります。助成金制度は市町村によって異なります。
     最寄の市町村の窓口に必ずお問い合わせ下さい。

軸組み工法について

形状は軸組み工法で金物を六角ボルトで引き寄せることで組み立てられる。おもな組み立て方は 図1、図2、図3の様である

耐震シェルター【 剛建 】を設置される部屋の広さと天井高さをご確認ください。

外寸(間口×奥行×高さ ) 2730mm×2330mm×2184mm
内寸(間口×奥行×高さ)2550mm×2150mm×天上合板下 2077mm
梁下 1987mm
出入口(間口×高さ)820mm×1805mm(1820mm)
仕上げ 全て12mm両面構造用合板貼り
本体重量約600kg
オプション仕様 床床:フローリング、タタミ敷、電気工事、内装、その他
金物 接合部は、すべて耐震金物を使用

耐震シェルター【 剛建 】は十分な広さを確保するために6畳以上の部屋を条件にしております。 施工上、天井高や部屋の広さも影響しますので、あらかじめ諸寸法をご確認ください。

必要面積(間口×奥行)3000mm×2550mm以上
天井高2250mm以上
搬入口(幅×高さ)700mm×1500mm以上
その他出入口出入り口が短辺(2550mm)の中央にあること(間口) ※ベッド使用ではない場合は、四方が出入り口可能となるが、
短辺・長辺いずれかの中央にあること

接地面の床工事が必要な場合、または電気工事・オプション工事などは別途有料工事となります。 ※施工業者にご相談ください。 改良のため、予告なく仕様・価格などを変更する場合がありますのでご了承ください。

耐震シェルター【 剛建 】 は木材(国産間伐材)を多く利用し、採光を考慮し四方を出入り口としました。
また、地震時の重落下物を考慮し、一部鋼材を使用(内から見えない)し、シェルターの破壊を防いで生命を守ります。

木造軸組耐震シェルター剛建 0587-37-1569

施工販売代理店募集