シェルター規格寸法・価格・助成金について

シェルター規格寸法・価格・助成金について

シェルター規格寸法

<完成品規格>「剛建」は3種類のタイプよりお選びいただけます。

画像

<設置条件>施工上、天井高や部屋の広さにも影響しますので、あらかじめ諸寸法をご確認ください。

画像

設置費用

比べてみてください!シェルター設置費用込みでこの低価格!

画像

●有限会社 宮田鉄工 木造軸組

耐震シェルター「剛建」
低価格 38万円(税別)

※設置費含む 運搬諸経費、オプションは別途必要です

※耐震シェルターは「耐震補助金」の対象です:
詳しくはお住まいの自治体にお問い合わせください

●オプション

※クロス仕上げなどのオプションがある場合でも工期は2日程度です。
※運搬諸経費・消費税は別途必要。オプションがある場合、工期は変わります。
状況によっては床工事が必要になる場合もございます。
※各都道府県・市町村の耐震に関する助成金を利用するとより負担軽減でご利用いただけます。
※地域によっては補助の対象外になる場合もあります。
助成金制度は市町村によって異なります。
最寄の市町村の窓口に必ずお問い合わせ下さい。

画像

助成金制度

木造軸組耐震シェルター「剛建」は助成制度対象商品です。

木造住宅 耐震助成制度について

昭和56年5月31日以前に建築された建物ですか?

画像

昭和56年5月31日以前に着工した建物で、耐震診断の結果、安全性が低いと診断された木造住宅に対し耐震改修に要する費用の一部を補助する制度です。

耐震シェルターは各都道府県、市町村からの助成金制度(木造住宅耐震シェルター等設置費補助制度、耐震補強補助金制度など)を受けることができる耐震補強(シェルター)です。

※地域によっては補助の対象外になる場合もあります。助成金制度は市町村によって異なります。最寄の市町村の窓口に必ずお問い合わせ下さい。

助成制度を受けるまでの流れ

審査は一般住宅に比べて短期間です。

●まずはご相談

建物のある区市町村の耐震担当窓口へ相談ください。

●耐震審査

その後、調査担当者が訪問し、耐震調査を行います。建物の規模や形状などにより異なりますが費用は10~20万円程度必要です。住宅図面は耐震性能を評価するために必要です。(紛失してしまった場合は、復元が必要です)

  耐震シェルター剛建 一般的な耐震工事
耐震改造計画 設置する部屋のみ調査のため、半日程 家中の調査をするため、半日程~約2~3週間程度
補強設計 基礎が脆弱な場合には1棟当り数万程度 1棟当り30万程度
耐震改修工事 1日で施工完了低価格38万円
※期間費用ともに補強工事含まず
常1週間から1ヶ月程度(工事の方法により異なります)
約150万円~200万円程度

●工事完了届と申請書の提出

施工後、申請に必要な書類として、工事者による完成報告書と設置された状況の写真撮影を行います。工事者から宮田鉄工に報告書と写真を提出、助成金書類に必要な工事完了届を発行し、お客様へ送付いたします。

●役所へ申請書の提出、手続き

お住まいの自治体にある役所の担当窓口に申請書類を提出してください。
※耐震助成金については適用基準等が違う場合もございますのでお住まいの自治体にご相談ください。



お問い合わせ

pagetop

© Copyright 有限会社宮田鉄工 all right reserved.